このサイトでは、屋形船に載る時に持ち込みができるのかということや乗合の船に乗船する時の注意点などを紹介しています。乗合の屋形船の場合には、貸切で乗船するのとは違った注意の仕方というのがありますので、覚えておくと良いでしょう。
サイト内にある色々な記事をチェックしておくことで、プライベートで利用する時だけでなく、仕事で利用する時にも役に立つことでしょう。多くの知識を身につけることが、楽しい船旅への第一歩です。

乗合の屋形船に乗船する際の注意点!

乗合の屋形船に乗船する際の注意点! 屋形船というのは、大きく分けると貸切という形で利用する方法と乗合という形で利用する方法の2つに分けることができます。
乗合という形で屋形船に乗船する時にまず注意したいのが、最低利用人数というのが設定されているということです。よくあるのが、2人から予約を受け付けているというものです。つまり、1人では予約をとれないということです。ですから、乗りたいと思った時には、友達同士で予約をとったり、カップルや夫婦で予約をとらなければなりません。
もう1つ注意したいのが、他にも色々なお客さんがいるということです。貸切で屋形船を利用する場合も何人もの乗船客がいるものですが、貸切の場合には友達や同僚など仲間内です。乗合の場合には、知らない人たちがたくさん乗っていますから、仲間内と一緒に乗る時にとは違う注意の仕方をして、迷惑をかけないことが大切です。

乗合の屋形船ならではの面白さとは

乗合の屋形船ならではの面白さとは 屋形船を利用するときは、個人で使う場合と団体で使う場合に別れます。大人数の団体での利用は、船を一艘貸し切りにしてしまうことも多いです。しかし個人での貸し切りはなかなかお値段が張ります。
個人利用は他のお客さんとの乗合になることが多いでしょう。他のお客さんがいるとなんだか気を使ってしまう感じがしますが、乗合には乗合ならではの面白さがあります。狭い屋形船の船内なので、混んでいる時は、他のお客さんがすぐ近くの席に座る事もあります。知らない人だけど、同じ船に乗ったという偶然が良い出会いになることもあるのです。
席が近いと自然と会話が聞こえてくるので一緒に話したり、その場限りでも楽しい空間が作れるかもしれません。居酒屋などと違い、いつもと一味違った場所なので気分が高まっている人も多いでしょう。色々なお客さんがいるので、どんな人が乗っているのか見ているだけでも面白いです。
距離が近いのでお酒を飲んで騒いだり、小さいお子さんがいる人は走り回ったりしないよう注意も必要です。乗っている人みんなが心地よくいられるように、気を使う事も大切です。小さな屋形船に乗った、限られた人達と言う不思議な空間を堪能してみてください。

おすすめ屋形船関連リンク

最小2名から、少人数でも毎週末に運行しています。

乗合の屋形船はこちら

新着情報

◎2018/10/17

東京でケータリングができる屋形船
の情報を更新しました。

◎2018/6/18

その場で調理してもらう
の情報を更新しました。

◎2018/2/20

乗合屋形船なら安く利用できる!
の情報を更新しました。

◎2017/11/27

リーズナブルに楽しめる
の情報を更新しました。

◎2017/9/27

アレルギーの対応
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

サイトを公開しました

「屋形船 乗船」
に関連するツイート
Twitter